So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の30件 | -

暑中お見舞い [あいさつ]

暑中お見舞い申し上げます
 酷暑の折から、ご自愛のほどお祈り申し上げます。
kitadake.jpgkitadake2.jpgkitadake3.jpgkitadake4.jpgkitadake5.jpgkitadake6.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ヤマユリ

強い芳香と大型の花
 強い芳香と大型の花が西洋人に好まれ、栽培種として有名なカサブランカの母種といわれている。関東地方では明るい林や草地ではふつうに見られるが、人の手が入らなくなった藪などでは生育することはできない。
yamayuri.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

マツグミ

モミの大木に半寄生
 数年前、このマツグミの情報をいただいた。先日、見頃になったという連絡があり、薄雲がかかる午前中に出かけた。丘陵地にあるモミの大木2本には地上10m前後に寄生している。ふつうは見上げる高さであるが、ここでは至近で同じ高さから観察することができる。
matsugumi.jpgmatsugumi2.jpgmatsugumi3.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ヤブカンゾウ

野原に目立つ朱の花
 前回のミヤマスカシユリ同様に朱の花であるが、こちらは人家近くの野原でふつうに見られる。朱の花はよく目立つが、クローズアップの写真ではあまり美しさを感じない。
yabukanzou2.jpgyabukanzou.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ミヤマスカシユリ

武甲山を代表する植物
 石灰岩採掘が急ピッチで進む武甲山の本体は、南方にあった火山島といわれている。火山活動を終えた海山にできたサンゴ礁が採掘されている石灰岩のもとと考えられている。秩父地域の地質は古く、古代秩父湾、秩父島という時代があったと教えられてきた。山深い秩父地方は太古の時代は海岸に面していた。そこには海岸性のスカシユリが自生していたと勝手に想像してきた。長い時間をかけて内陸性の環境に適応してきたと考えるのは無理だろうか?
miyamasukashiyuri.jpgmiyamasukashiyuri2.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

チダケサシ

久しぶりの撮影
 3000m級の高山では夏本番の花が見頃という。登山ザックにパッキングを済ませてあるのだが、天候と日程が噛み合わない。
 久しぶりにカメラ持参で近くの耕作放棄田を徘徊した。梅雨期と夏本番の花が混在した状態で咲き、従来からの季節感が薄らぐ。本当に花巡りのタイミングが難しい昨今である。追い打ちをかけるように撮影地周辺でも鹿による食害が後を絶たない。この撮影地では観光目的に蓮や水芭蕉が栽培されて、周囲は食害防止ネットが張り巡らされている。そのお陰でこのチダケサシも大きく生育している。
chidakesashi.jpgchidakesashi2.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

コウヤノマンネングサ

花をつけない植物4
 更新をすっかり怠り、7月最初の投稿となる。何とも情けない。しかも相変わらず花をつけない植物を扱っている。
 蘚苔類(コケ植物)は植物体が小さいこともあり、同定するには顕微鏡が必要になることが多い。葉の細胞内の葉緑体や油体、葉の断面などが分類の決め手になるという。なかには比較的植物体が大きく、外見上で判断できるものもある。今日はその一つを紹介したい。
 日本のコウヤノマンネング科Climaciaceae には2属があり、いずれも第一次茎は匍い、第二次茎は起き上がって樹状に分枝する。
kouyanomannengusa.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

コタニワタリ [シダの仲間]

花をつけない植物3
 29日、「関東甲信地方では梅雨が明けたとみられる」という気象庁の発表があった。平年より22日早いという。6月27日の当ブログでも少しふれたが、やはり予感が当たった。農家の方は作物の先行きを案じていることだろう。
kotaniwatari.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ナガホノナツノハナワラビ [シダの仲間]

花をつけない植物2
 鬱蒼とした森で久しぶりにナツノハナワラビを見つけた。冬緑性のフユノハナワラビは季節柄よく目立つが、多くの植物が生い茂る季節では気づかないことが多い。帰宅して撮影画像を拡大すると、ナツノハナワラビとは少し様子が異なることに気づいた。
nagahononatsunohanawarabi.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

シノブ [シダの仲間]

花をつけない植物
 沖縄及び奄美地方では梅雨明けしたようだ。素人目には、衛星画像上の停滞前線が消えたようにも思える。関東地方でも真夏を思わせる天候が続いている。少しでも涼しさを感じる植物を取りあげたい。
shinobu.jpgshinobu2.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

オオサクラソウ [サクラソウの仲間]

サクラソウ属Primula 久々の登場
 「オオサクラソウの伝説」が残るこの地方には毎年のように訪れている。オオサクラソウは当たり年のようで、雪渓周辺では群生しているところもある。近づくと紅紫色の花がすでに痛みはじめていた。同じ場所での3年前の写真と比較すると、今年の気候が如実に感じられる。
oosakurasou.jpgoosakurasou2.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

サンカヨウ

雪渓を背景に
 雪の少ない土地に住む者として、雪渓を背景にした風景は魅力的だ。有名な雪渓でも開花や雪解けは異常に早い。同じ時期に何度も訪れているが、野生種には当たり外れがあるようだ。今年はサンカヨウの当たり年か。この花は雨に濡れると花弁が透明になる。この日は期待に反して梅雨の中休み、惜しくも透けた花弁を撮影することはできなかった。
sankayou.jpgsankayou.jpgsankayou2.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ユキノシタ

大所帯の代表
 ユキノシタ科Saxifragaceae には多くの属と種がある。AGP分類体系では大きな変更があった科の1つで、私のような不勉強の者には理解しがたい。一方、科の名でもある本種の同定には時間は要しない。
yukinoshita.jpgyukinoshita2.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

アツモリソウ [ランの仲間]

激減する自生地
 この花を見るのは3回目。別の花を目的としていたが、近くを通ったので立ち寄った。自生地では保護活動している方から貴重な話を伺った。この自生地の昔の状態、自生地の維持管理、鹿の食害など説得力のあることばかりである。
atsumorisou.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

トリガタハンショウヅル

控えめなつる植物
 つる植物は何らかの形(巻きひげ、刺・鉤、吸盤、気根など)で他の植物に自らの植物体を固定する必要がある。寄り掛かりの生態といってもよいだろう。花の色は異なるがハンショウヅルに形態がよく似ている。登山道沿いで1回3出複葉を何度も見つけたが、木によじ登るものは少なかった。
torigatahannsyouduru.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ベニバナノツクバネウツギ

赤い衝羽根空木
 この花は関東地方北部の山地で2度見たことがある。色は違うが花のつくりがツクバネウツギによく似ている。赤花であることから目にとまった。
benibananotsukubaneutsugi.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ヒメムヨウラン [ランの仲間]

光合成を行わない植物
 数年前になるが、この植物をはじめて見たのは南アルプスの亜高山帯。7月下旬ですでに果期を迎えていた。今回見られた場所は亜高山帯の針葉樹林ではなく、標高1500m前後の山地帯にある針葉及び広葉樹の混合林にある。一部は、人に踏みつけられるような登山道でもはえていた。本来の花期は6月に入ってからであるが、自生地の標高や今年の気候を反映して早くも見頃の状態である。
himemuyouran.jpghimemuyouran2.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ヤマトユキザサ

科名や属名が変化する仲間
 ユキザサの仲間は、AGP植物分類体系ではユリ科からキジカクシ科へ、ユキザサ属からマイズルソウ属として分類されるようになった。種類は少ないが外見はよく似ている。両性花であるか単性花であるか、花序の毛の有無、柱頭の形や裂け方などが見分け方のポイントという。
yamatoyukizasa.jpgyamatoyukizasa2.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

シロバナフウリンツツジ [ツツジの仲間]

ツツジ科の咲く尾根道
 ツツジの仲間は、日当たりのよい岩地や風当たりの強い場所にはえるものが多く、酸性土壌を好む傾向が強いという。カモメランやツルシロカネソウがはえる場所から尾根沿いに移るとツツジの仲間がふえてくる。満開のサラサドウダンに混じって白花のものが見つかった。
shirofuurintsutsuji.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ツルシロカネソウ [シロカネソウの仲間]

シロカネソウの仲間7種め
 2016~2017年にはシロカネソウ探訪と称して各地に出かけた。残るはサバノオ、サイゴクサバノオ、コウヤシロカネソウ、ツルシロカネソウ。この中で関東地方及びその周辺で見られるのはツルシロカネソウである。今年は都合が合わず諦めていたが、カモメラン自生地途中に見つけた。個体数は少なく群生することもなかったが、清楚で美しい花を堪能した。よく似ているハコネシロカネソウとは匐枝の出し方、頂小葉の様子などで区別している。
tsurushirokanesou.jpgtsurushirokanesou2.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

カモメラン [ランの仲間]

縁を取り持つカモメ
 この花は過去に3回見たことがある。いずれも数株ほどで見ごろを過ぎていた。旬な花に出会うことが今年の計画の一つになっていた。訪れた山では例年6月10日過ぎに見ごろを迎えるという。すでに5月下旬に開花したという情報もあり、咲き具合を案じながら登山口に向かう。
 登りはじめてまもなく思いがけないことに遭遇した。それは昨年6月、八ヶ岳の山小屋でお目にかかったS氏との再会である。住むところは離れ、互いの動静を知る由もない。カモメを目的にこの山を訪れただけであるが、偶然の再会に驚くばかりである。まさにカモメが引き寄せた再会である。
kamomeran.jpgkamomeran2.jpgkamomeran3.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

ミヤマナルコユリ

鈴生りの鳴子
 少し前に写したものであるが掲載する機会を逸していた。まとまって咲き、これだけ花づきの良いものは久しぶりでなので記事としたい。
 「鳴子」は、田畑を荒らす鳥をおどし追うのに用いる具。小さい板に細い竹管を糸で掛け連ねたものを縄に張り、引けば管が板に触れて音を発する装置。(広辞苑)
miyamanarukoyuri.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

キバナイカリソウ

雪渓を望む山麓④ 最終
 この山麓を訪れたもう一つの目的が、この花を楽しむことだった。本州では日本海側に分布するといわれているが、関東地方にも日本海要素の植物が分布しているところがある。
kibanaikarisou.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ノビネチドリ [ランの仲間]

雪渓を望む山麓で③
 この日は雲一つない快晴、観光には最高の天候である。草原の道沿いでよく生育したノビネチドリが出迎えてくれた。ここのような天候では日差しが強く、色合いのきつい写真になってしまう。被写体は最高、それに反して撮影術と光の条件は決して良いとはいえない。
nobinechidori.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ヒメシャガ

雪渓を望む山麓で②
 ナエバキスミレの背景に雪渓を入れようとしたが、そのようなアングルが見つからない。ねらいどおりとはいえないが、表題に近い写真のつもりである。
himesyaga.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ナエバキスミレ [スミレの仲間]

雪渓を望む山麓で
 
亜高山帯でも雪解けが早く、稜線に春を告げる花が咲きはじめている。山小屋に泊まり、こうした花をゆっくりと楽しみたい気持ちに駆られる。泊による山行は叶わないのでロープウェイ利用によるトンボ返りだ。

 例年ならば、雪渓を望む山麓にも雪が残っているのだが今年は全くみられない。開花時期のナエバキスミレもすでに終盤で、被写体になる個体を探すのに時間を要した。
naebakisumire.jpgnaebakisumire2.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

シライトソウ

雨の季節到来
 本日6日、近畿、東海、関東甲信地方が梅雨に入ったとみられる、という発表があった。うっとうしい天候が続くことになるが、久しぶりの雨の日は少し落ち着いた気分にもなる。
 このシライトソウは、すでに紹介しているアズマシライトソウの母種にあたるという。2種の形態はよく似ているが、大きさの違いは想像以上である
shiraitosou.jpgshiraitosou2.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

トウゴクシソバタツナミ

識別が厄介なタツナミソウ②
 スミレの咲く季節から何度も訪れる場所には、少し遅れてヤマタツナミソウも咲く。ここでは、タツナミソウ属Scutellaria 中でも本種の個体数が最も多い。たくさんの開出毛がはえていることが特徴である。昨年は花つきが悪かったが、今年は復活した。
tougokushisobatatsunamisou.jpgtougokushisobatatsunamisou2.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

シソバタツナミ

識別が厄介なタツナミソウ
 タツナミソウ属Scutellaria は形態のよく似たものが多い。茎にはえる毛や葉の腺点が分類のポイントになるという。カキノハグサがはえる林にほど近い沢筋に群生していた。
shisobatatsunamisou.jpgshisobatatsunamisou2.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

サカネラン [ランの仲間]

菌従属栄養植物
 コアツモリソウを撮影して再び歩き始めると、道沿いの斜面に白っぽいものを見つけた。すぐにサカネランであることが分かった。以前もコアツモリソウからあまり離れない場所で本種を見つけた。生育環境は異なるが、探す標高の目安になるかもしれない。
sakaneran.jpgsakaneran2.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の30件 | -